ガトーショコラの代名詞となりつつある「KEN'S CAFE TOKYO」特集を3回にわけて大特集。初回はガトーショコラの誕生秘話をご紹介。

 

東京・新宿に店を構える〈KEN'S CAFE TOKYO〉。
ここで販売しているのはガトーショコラのみ。そう、言わずと知れた東京屈指のガトーショコラ専門店なのだ。

 

元々レストラン営業をしていた同店にて食後のプレートデザートとして提供されていたガトーショコラのあまりの美味しさに、持ち帰りやガトーショコラ単体を購入希望する常連客の声が増え、口コミでの広がりがきっかけとなり、ガトーショコラ専門店〈KEN'S CAFE TOKYO〉が生まれた。

お店での購入はもちろん、電話やホームページからの注文も可能で、日本全国から一日50本限定のガトーショコラを求めるオーダーが絶えないという。

 

なぜ人はこのガトーショコラに魅了されるのか、美味しさと人気の秘密、ガトーショコラ誕生の歴史をオーナーの氏家健治シェフに伺った。

まず、その人気の理由の一つとして、その“大きさ”が関係しているそうだ。

 

氏家シェフ:「最初は大きな型を使っていたのですが、かなり大きなサイズだったんですね。これは当初家族住まいの方が購入される事が多かったためなのですが、居住形態など時代の変化と共に一人・二人暮らしの方からの注文が増え、ボリュームがあり過ぎるという声も届くようになったんです。そういった流れから、材料の分量を変えながら徐々に小さなサイズ(両手にちょうど乗る程度)に変更していったのです。」

 

現在販売されているサイズも、他のパティスリーで販売されているガトーショコラに比べて相当なボリューム感は感じるものの、一口食べた瞬間のその美味しさに夢中になり、数日で完食という事も考えられる。“また食べたい”と胃袋を叫ばせるその大きさ、侮れなし!

また、サイズだけではなく時代のニーズに合わせ、使用するヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートのカカオ度数も変化しているという。

 

氏家シェフ:「元々はカカオのパーセンテージが66%のフルーティな風味の強い種類を使用していましたが、ヨーロッパの本格的なパティスリーの味が市場に出回るようになった背景などから本物志向の方が増えてきたこともあり、現在は酸味と苦味がより強いカカオのパーセンテージが72%のチョコレートを使用しています。」

ちなみにカカオのパーセンテージが66%から72%のチョコレートへ変更した際には、その味の変化に気づいた常連客も多かったとのこと。時代の変化に合わせて日々進化をすすめている事も多くのファンを掴む秘訣の一つと言えそうだ。

 

そして全国からの注文が絶えない理由の一つに、2週間という賞味期限の長さも忘れてはならない。

 

氏家シェフ:「生クリームを使用していないということもあり、2週間という比較的長い賞味期限を保てます。また焼いたその日に発送していますので、冷蔵保存していただければ風味も損なわれることなく味わっていただく事が可能ですし、冷凍保存すればもっと長く楽しむことも可能ですよね。」

 

〈KEN'S CAFE TOKYO〉のガトーショコラは様々な楽しみかたが出来るのも大きな特徴。常温でしっとりと、冷蔵で凝縮されたカカオの味を堪能するも良し。電子レンジ(※)などで温めれば中心がとろりと溶け、焼き立ての味を再現することも出来るのだ。
※電子レンジで温める際は、500~600wで10~20秒程度を目安に。

次回は、いよいよ製造工程を探るために厨房に潜入!お楽しみに!!

 

ケンズカフェ東京特集 第2弾「ガトーショコラの製造工程をご紹介」
ケンズカフェ東京特集 第3弾「氏家シェフに独占インタビュー!」

 

この特集を読んで今すぐガトーショコラを食べてみたくなった方は下記ホームページや電話・FAXでのご注文を是非!

 

ケンズカフェ東京
ホームページURL:http://www.kenscafe.jp/
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-23-3御苑コーポピアネーズ1F
TEL:03-3354-6206(FAX同じ)
営業時間:10:00~21:00
定休日:土・日・祝日