ふわふわパンケーキ&フォトジェニックかき氷 原宿カフェ「ワーキングホリデーコネクション」

原宿のカフェ「ワーキングホリデーコネクション」。
ふわふわのパンケーキと、フォトジェニックなかき氷が注目を集めているお店だ。
その名の通り、ワーキングホリデー制度を支援する団体が運営しているカフェだが、ワーキングホリデーに興味がある人も興味がない人も、誰でも訪れることができる。

このカフェで一番人気となっているのがこの「オリジナルパンケーキ」。
whc3
1日150枚オーダーが入るほどの人気となっている。シドニーの有名店で料理長を務めた日本人シェフが開発したオリジナルレシピだそう。
メレンゲとリコッタチーズをたっぷり使ったパンケーキはプルプルでふわふわでとても軽い食感。生地には砂糖を使っていないのだが、優しい甘さでそのままでもいけるがメープルシロップをかけて甘さを足すこともできる。アイス、生クリームもトッピングされているので、様々な組み合わせで、味を変えながらパンケーキを楽しむことができる。
whc4
横からの画像。パンケーキがプルプル。

そして、8月5日に定番メニューに加わったのが「抹茶パンケーキ」。
whc2
こちらも、「オリジナルパンケーキ」同様、プルプルふわふわ。そして砂糖不使用。抹茶がしっかり練りこまれているのでまろやかな渋みがあり、大人のパンケーキといった感じ。
そしてポイントは付属の「抹茶とエスプレッソのソース」。渋めの抹茶と苦味のあるエスプレッソ。シェフが試行錯誤を重ね完成させたというソースは、ガツンとほろ苦さが効いていて、パンケーキのまろやかな渋みにさらにインパクトのある味に仕上げてくれる。付属のあずきクリーム、アイスで「甘み」を足せるので、好みに合わせて調節しながら食べると良い。

続いてはかき氷セクション。
9月30日までの期間限定というかき氷は、「マンリーメス」という名前で全6種販売。
「マンリーメス」はオーストラリア発祥のスイーツをワーキングホリデーコネクション流にアレンジしたかき氷で、「マンリー」はビーチの名前、「メス」はごちゃ混ぜという意味。
見た目も美しく、写真に収めたくなるかき氷だ。
whc1
6種とも氷自体に味がついており、こちらの「マンゴーメス」は、マンゴーの氷を削っており、フローズンマンゴー、マンゴーソースのトッピングでマンゴーづくし!さらにサクサクのメレンゲと生クリームで構成されており、食べる前に、スプーンでかき混ぜてからいただく。
whc7
混ぜることで、メレンゲの食感やマンゴーの果肉、そしてマンゴー氷が、一緒に口の中に入り、ひと口で色々な食感と風味が楽しめる。

このほかにも、ミルク氷、ストロベリー氷、抹茶氷で作られたかき氷メニューが用意されている。

原宿エリアでかき氷やパンケーキを食べようとすると1時間以上行列しなければならないお店が多い中、このお店「ワーキングホリデーコネクション」は、比較的待たずに入ることができるので狙い目。原宿でパンケーキ、かき氷が食べたいと思ったら、ぜひチェックしてみてほしい。

<商品概要>
オリジナルパンケーキ  価格:1,200円(税別)
抹茶パンケーキ 価格:1,500円(税別)

オリジナルメス 価格:1,300円(税別)
ベリーメス 価格:1,300円(税別)
マンゴーメス 価格:1,300円(税別)
トロピカルメス 価格:1,500円(税別)
抹茶メス 価格:1,500円(税別)
ぬい撮り用ミニメス 価格:800円(税別)(ぬいぐるみと一緒に撮影するためのミニサイズ)

<店舗概要>
ワーキングホリデーコネクション
住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエア原宿 2F
営業時間:月~木 11:00~20:00
金・土 11:00~21:00

「ワーキングホリデーコネクション」ホームページ

【関連ワード】
かき氷 , パンケーキ , 原宿 ,


スイーツニュース

スイーツイベント

甘党男子とは