「キリ カフェ」青山に期間限定オープン!エスコヤマ小山シェフのスイーツを東京で食べるチャンス!

kirikoyama1

「パティシエ エス コヤマ」の小山シェフが監修する「キリ クリームチーズ」を使ったデザートが食べられる「kiri café(キリ カフェ)」が、2017年4月14日(金)から5月12日(金)の期間限定で、Royal Garden Cafe 青山にオープンする。

kirikoyama4

昨年「kiri」発売50周年を記念して開催され、大好評だった「kiri café(キリ カフェ)」が今年も再び登場。
デザートは昨年に続き、世界からも注目されるパティシエ「パティシエ エス コヤマ」のオーナーシェフ小山進氏による、オリジナル”スイーツプレート”が登場する。

kirikoyama2

5種のスイーツからなる「kiri No.5 2017」は、「小山ぷりん フロマージュ」「小山チーズ 宇治抹茶」「kiriロール」「苺とkiriのマカロン」「kiriクリームチーズアイス&マンゴーパッションクーリ」の顔ぶれ。小山シェフの代名詞とも言える「小山ロール」と同じきめ細やかなスポンジに「キリ クリームチーズ」のクリームとクレームパティシエール、2種のクリームをロールした「kiriロール」、クリーミーでミルク感のあるキリをベースに、隠し味としてコクのあるイタリアのマスカルポーネチーズを重ねたとろとろなめらかな「小山ぷりん フロマージュ」も注目だが、今回一番のオススメは「小山チーズ 宇治抹茶」。「チーズの塩味と抹茶の旨みの組み合わせが相性が良い」と小山シェフが言う通り、お茶を知り尽くした小山シェフが生み出す味のバランスは最高に良く、抹茶の苦味と旨みが見事に表現されている上、焼き時間を短くしたというスフレ生地がきめ細かで口どけがとてもよい。「手で持って食べてみるとこのスフレの繊細さがよく分かります」と小山シェフからの食べ方提案も。他ではなかなか味わえないこの食感は要チェックだ。

小山シェフの「kiri No.5 2017」は、各日150食限定。昨年は各日100食限定で開店直後に完売となるほどの大人気だったため、今年も気合を入れて取り掛かる必要がありそうだ。

なお、「kiri No.5 2017」以外にも「キリ クリームチーズ」を使用したフードやデザートがラインナップ。どれもこの「キリ カフェ」でしか味わえないメニューなので、そちらもオススメだ。

また、来店時に「キリ カフェ」店内の様子や食事シーンなどを撮影し、SNSに投稿するだけで、キリ・オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも実施されている。
この機会に、今年の「キリ カフェ」のコンセプトの通り「とびっキリのごほうび時間」を楽しんでみては。

kirikoyama3

<商品概要>
小山進シェフ監修「kiri® No.5 2017」
価格:2,000円
※1日限定 150 セット

●kiri® café メニュー展開
彩り野菜のスティック、ポテトケーキ、スモークサーモン、kiri® クリームチーズ添え / kiri®ダール・カレーディップ 旬野菜のロースト パピヨット包み / カボチャのポタージュ kiri®クリームチーズと共に / スパゲッティ 季節野菜とサーモントラウトのkiri®クリームチーズ トマト風味 / スパイシーチキンのグリル kiri®ハーブ&ガーリックのケール包み / ポークグリルと彩り野菜のベッコフ ココット盛り / kiri®特製 ブランマンジェ ベリー添え

<イベント概要>
「kiri café(キリ カフェ)」
期間:2017年4月14日(金)〜5月12日(金) 11:00~23:00(L.O.22:00)
場所:Royal Garden Cafe 青山
住所:東京都港区北青山 2-1-19
アクセス:東京メトロ銀座線外苑前駅&東京メトロ半蔵門線青山一丁目駅から徒歩5分

「キリ カフェ」ホームページ
「パティシエ エスコヤマ」ホームページ

【関連記事】
小山進シェフ監修スイーツも登場 キリクリームチーズが堪能できる「kiri cafe」青山に期間限定オープン

【関連ワード】
kiri , エスコヤマ , カフェ , キリ , スフレ , チーズ , 小山ロール , 小山進 , 期間限定 , 注目 , 青山 ,


スイーツニュース

スイーツイベント

甘党男子とは